前へ
次へ

どんな場合印紙税を払わなくてはならないか

印紙税とは経済取引の際に作成される文書にかかる税金のことです。賃借契約書や手形などに所定の印紙を貼り付けることで納税を行います。それではたとえば物品賃貸契約の際には印紙税はどういった扱いになるのでしょうか。物品のレンタル契約の際には印紙税は非課税となります。物品のレンタル契約については課税物件一覧に記載がないためこういった結果になります。また建物の賃貸契約に関しても同じく記載がないため非課税ということがいえます。では、土地の賃貸借契約についてはどうなのか。これは課税対象となります。しかし、駐車場を借りた場合、更地のものだと課税対象ですが物件に附属したものは非課税となります。税金のことと考えると難しいと思う方も多いでしょうが、少し調べるとすぐにわかることもあるので不安になる必要はありません。

Page Top