前へ
次へ

印紙税が必要な契約書とは

印紙税とは、課税文書に該当するさまざまな契約書を作成した人が払う税金のことです。契約書などの場合は、契約を行う当事者が納付する必要があります。契約書に、必要な金額の収入印紙を購入し貼り付けることで納付完了です。収入印紙が貼られていなくても契約自体に影響はありませんが、税法で定められた税を払っていないことになり過怠税が徴収されますので、注意しましょう。印紙税が発生するのは、主に不動産の賃貸契約がほとんどです。建物については不要で、土地に関わる賃貸の契約書などでは必ず発生します。それ以外の物品賃貸に関しては不要です。内容によって課税対象なのかどうか判断に迷う時は、管轄の税務署などに確認するようにしましょう。

Page Top