前へ
次へ

建物や物品賃貸にはかからない印紙税

印紙税は、法で決められたものに対して課されることになっている税金です。土地や地上権の賃貸借契約書には印紙税がかかります。ですが、建物や物品賃貸には印紙税がかかりません。そのため、駐車場の賃貸の場合、更地か駐車場設備があるかどうかで税金がかかるかどうかが変わります。更地の場合は土地の賃貸借となりますが、駐車場設備があると施設の賃貸借になるので税金がかからなくなります。更地ではなく建物や施設がある場合に税金がかからなくなるというのがポイントです。賃貸借をするときは、土地か建物かをまず考えます。建物や施設の場合は特に気をつける必要がなく、土地を取り扱う場合のみ収入印紙についてしっかりと把握しておく必要があります。

Page Top