前へ
次へ

物品賃貸において印紙税は不要

商品を売買したりサービスを提供したりする場合には、契約書に印紙を貼付する必要があります。しかし、物品賃貸における契約文章は課税対象とされておらず、印紙税を支払わなくて良いのです。物品貸借と言えば水槽やコピー機そして家具などオフィスで使用するためにリース契約をする際に使用されるフレーズですが、建物のような大きなものであっても物品貸借に該当していれば印紙税は不要となります。ただし土地については印紙税を支払わねばならず、契約において間違いがないようにしなくてはなりません。契約における文章が課税対象になっているかどうかは、印紙税法別表第一に掲載されている20種類の文章に該当しているかで判断を行います。

Page Top