前へ
次へ

物品賃貸における印紙税

物品賃貸にかかる印紙税はと言うと、基本的には非課税となっております。詳しく説明すると長くなるので割愛させていただきますが、例を上げますとレンタルビデオを借りるのに印紙税なんて取られないのと一緒です。この物品賃貸というのは実をいいますと、幅が物凄く広い為、確かに印紙税がかかる物件もあったりします。それが駐車場です。この物件は丁度不動産賃貸といえる物件なのですが、物品賃貸ともいえるようで、判断が難しいです。そんなわけで、この問題は非常に広範囲にレンタル業種が広がるため、物品賃貸業者は多岐にわたって存在してレンタル、リースと賃貸契約の幅も様々で調べる人たちも何を借りるのターゲットを絞って相談するのがよろしいかと思います。

Page Top