前へ
次へ

物品賃貸にかかる印紙税について

物品賃貸とは、いわゆるレンタル業のことをさします。日本産業のひとつでもあります。物品賃貸業には、不動産業も含まれます。不動産に関わる賃貸の契約にはさまざまなものが必要になりますが、その中のひとつに印紙税というものがあります。しかし、賃貸については建物と土地では取り扱いが違ってきます。建物の賃貸契約に印紙税は必要ありませんが、土地の賃貸契約には印紙税がかかります。したがって駐車場を借りる場合や土地を借りる場合の契約書に収入印紙に貼る必要があるのです。これは、物品賃貸すべてに当てはまるわけではありません。あくまで土地を賃貸する時だけになります。リース契約などのその他の物品賃貸には印紙税は不要です。

Page Top